吉野エリアの不動産の購入と売却

吉野エリアは鹿児島市北部、甲突川支流から稲荷川流域に位置するエリアです。岡之原、下田、吉野、川上、大明丘、緑ヶ丘を中心に構成されており、エリア西部に九州自動車道薩摩吉田インターチェンジがあります。大明丘から吉野、川上まで通る鹿児島吉田線(16号線)沿いは商業施設が建ち並び、周囲は吉野地区土地区画整理事業の一環で市街化が進んでいます。主要施設は鹿児島県立吉野公園、鹿児島市立少年自然の家、鹿児島県立鹿児島養護学校、鹿児島市役所吉野支所等です。下田町には、世界文化遺産に登録された明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業の構成資産のひとつである「関吉の疎水溝」、また吉野町には、文化財指定庭園「仙巌園(磯庭園)」があります。寺山公園展望台は、桜島と錦江湾を一望できる鹿児島市有数の絶景ポイントです。吉野、大明丘、緑ヶ丘を中心とした住宅地からは、川上から下田に至る盆地に広がる穏やかな田園地帯が広がり、豊かな自然を身近に感じられます。通勤は鹿児島市と姶良市の両方が圏内となります。吉野は「ニシムタ吉野店」から吉野中学校にかけて区画整理が進んでおり、区画と道路が綺麗に整備されているため人気が高く、周辺の不動産相場は40~50坪台、1,000~1,300万円台が最も取引されています。一方、吉野エリア東側、吉野東小学校周辺は分譲地が多く、区画は600~800万円台が取引されています。土地60坪~がボリュームゾーンで、家庭菜園や大家族など駐車場台数を多めに検討されている方にもお勧め。南側に開けた形状のため日当たりのいい大明丘は、中心に「タイヨー吉野店」があり、小学校や生活施設、バス路線が整った団地です。土地は700~1,000万円が多く、吉野エリアの中でも人気の高い団地となります。
吉野エリアの不動産の売却

簡易査定で調べる

ご自宅の概略を入力すると、おおよその価格がわかります。

訪問査定で調べる

正確な価格がわかる査定書や売却アドバイスを受けとれます。
吉野エリアのオススメ物件情報 吉野エリアの学校区の不動産 吉野エリアの駅の不動産
JR日豊本線