中央エリアの不動産の購入と売却

中央エリアは鹿児島市の中心部で、甲突川、新川、脇田川が流れます。『鹿児島』駅(上町)、『鹿児島中央』駅、鹿児島アリーナ、鹿児島大学、鴨池、宇宿周辺を中心とした平坦地、並びに西陵、田上、紫原等の団地を中心に構成されています。エリアにはJR九州『鹿児島中央』駅、JR九州『鹿児島』駅、鹿児島市電、桜島フェリー、鹿児島市交通局等の公共交通機関が揃い、鹿児島市立病院、天文館、鹿児島市役所、鹿児島県庁や鴨池陸上競技場等の主要施設や鹿児島大学、志學館大学、鹿児島女子短期大学、鶴丸高校があります。道路は国道3号線、国道10号線、九州自動車道鹿児島インターが整備されています。取引の多い価格帯について、『鹿児島』駅(上町)周辺は土地40~50坪で1,000万円後半~2,500万円、『鹿児島中央』駅周辺は鹿児島市の住宅地として取引価格が最も高く、坪単価は50~90万が多く取引されています。鹿児島大学から鴨池周辺は分譲・賃貸マンションや事業用・収益物件が多く所在。宇宿~広木は土地40坪で1,300~1,500万円台が多く取引されており、JR九州『宇宿』駅周辺は2,000万円近くとなります。周囲の団地では、西陵で土地価格800~1,200万円前後、田上は700~1,200万円前後、田上の平坦部は1,500万円前後で取引されています。紫原周辺は坪単価30万円台から、1,500~2,000万円で取引、「タイヨー紫原店」から「KTS鹿児島テレビ放送」の周辺は坪単価40万円前後から取引されています。
中央エリアの不動産の売却

簡易査定で調べる

ご自宅の概略を入力すると、おおよその価格がわかります。

訪問査定で調べる

正確な価格がわかる査定書や売却アドバイスを受けとれます。
中央エリアのオススメ物件情報 中央エリアの学校区の不動産 中央エリアの駅の不動産